鏡のような海面を前に・・・/辛坊治郎さんの太平洋横断

2021.05.17

5月17日、出航から39日目を迎えた辛坊治郎さん。

サンディエゴまでの航程は後半戦に入ったが、まだまだ長い道のり。風の力で進むヨットに乗って、太平洋を横断する・・・やっぱりなかなか壮大なチャレンジなのである。飛行機なら1日もかからずに行けますから。

 

古野電気の特設サイト。こちらは、5月18日0:21(日本時間)現在の位置情報だ。紆余曲折の前半戦を終え、いよいよ後半戦に突入。この時点で、出航から38日と15時間21分が経過している。

 

このところ天候は落ち着いているようではあるが、逆に天候が穏やかすぎてしまい、無風、微風に悩まされている模様だ。

5月17日のニッポン放送のラジオ番組「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」の番組内での定時連絡では、衛星電話を通じて、辛坊さんの現状について本人の生の声を聴くことができた。


(※電話がつながったのは5/17 17:00ごろ。辛坊さんの現在位置では5/16の21:00くらいということになる)

「満点の星の上に月が上ってきて、海面に光の帯を引いてロマンチックです。あ、でも海面に光の帯を引くってことは、海が穏やかすぎるってことなんですよ。昨日も今日も風がなかったから、海面を漂っています。この調子だと永遠に着かないから、(辛坊さんの代わりにパーソナリティーを務めている立川志らくさんに対して)ずっとやっててくださいよ」

「あ、でもこの時間になって少し風が出始めました。ちょっとだけ動き始めましたね。まったく動かなかったから、やっぱりうれしいですよ。この1時間くらいの間に、ちょうど動き始めた。まだ歩くくらいのスピードですけど。でも、止まってたら着かないですけど、歩いてたら必ず着きますからね」

 

(ちゃんと食べてますか?の問いに対し)

「今日はね、アンコ持ってきてたんで、おしるこ食べました。でも、餅を食べようとして、のどに詰まらせてしまったどうしようと危険を感じて、食べるかどうか悩んでます」

 

このところ、全然進んでいないようで、古野電気のサイトで辛坊さんの現在位置情報を見ている皆さんも心配していると思う。

 

今日(5/18)以降は、少しずつ風が吹いてくる予報。

©Windy

 

いまは海は穏やかでも、相手は自然。まだまだこれからどうなるかわからない。いまのうちに、しっかり体力を温存しておいていただきたい。

 

(文=舵社/安藤 健)

 

辛坊治郎さんの太平洋横断チャレンジを応援しよう!
古野電気の特設ウェブサイト

https://www.furuno.com/special/jp/shinbo-challenge/

 


 

あわせて読みたい!

●「間もなく後半戦に突入|辛坊治郎さんの太平洋横断」記事はコチラ

●「辛坊治郎さん/全行程の50%をクリア!」記事はコチラ

●「藤原ヒロシがプロデュース/ヤンマーX47FRGMT」記事はコチラ


クルージング

クルージング の記事をもっと読む