loading spinner

『BoatCLUB』読者投稿/#2 仲間との釣りが楽しい

2021.04.14

読者のみなさまから寄せられたボート遊びに関するレポートを掲載している、月刊『ボート倶楽部』の読者投稿記事「進め! BCフィールドレポーターズ」。

舵オンラインでは、過去に掲載された記事の中から抜粋して再掲していきます。

 


#2
北海道・積丹沖で仲間とのボートフィッシングを楽しむ阿部昇二さん

●BOAT:〈MOMO号〉(ヤンマーFX24BZII)&〈クレセントⅤ〉(ヤンマーEF25Z-1S)
●FIELD:北海道・積丹沖ほか
●TARGET:ブリ、ヒラメほか

 

私は、若いときから釣りが大好きで、50歳までにマイボートを所有して釣りを楽しみたいと思っていました。その目標をかなえるために48歳でボート免許を取得。49歳のときには、友人との共同所有ですが、17フィートのフネを持つことができました。

その後、51歳のとき共同所有をやめ、個人で19フィートのボートを中古で購入。北海道・積丹にある、幌武意(ほろむい)漁港をホームポートにして、ブリやヒラメ釣りを始めました。

 

3年前、釣り仲間たちと新たにボートを共同所有する話になったので個人所有艇を手放し、ヤンマーFX24BZII(左)を北海道・岩内漁港、同じくヤンマーのEF25Z-1S(右)を幌武意漁港に置き、3月から11月まで、海が凪いだら毎週釣行を楽しんでいます。

 

2019年8月11日、仲間と3人でブリねらいの釣行に出ました。水深75メートル付近に到着してジギングを始めると、開始15分でワンピッチジャークで誘っていた私に、底から5メートルくらいでヒットがありました。しかし、ハリ掛かりが甘く、残念ながらフックアウト。ただ、すぐに底まで落とし直すと、また同じところでヒットが。今度はしっかりとフッキング。ブリの強烈なヒキに、ドラグがギンギンと鳴ってイトが出されます。

 

5分ほどやり取りを楽しみながら、90センチ、7キロくらいのブリを無事ゲットしました!!

 

写真は一部ですが、この日の釣果は3人でブリ7尾でした。強烈なヒキを味わうことができ、いい思い出になりました。

 

私のタックルボックスには、以前いただいた"青ステ"を貼っています。ジギングのほか、ナブラに備えてキャスティングタックルも用意しています。

 

いつもいろいろとサポートしてくれる仲間たちがいるからこそ、こんなふうにボートフィッシングを楽しむことができています。みんな、いつも、ほんとうにありがとう! 

 

(まとめ=BoatCLUB編集部)

 

※本記事は、『BoatCLUB』2019年12月号に掲載された記事を一部抜粋したものです。最新刊およびバックナンバーもぜひご覧ください。

 


◆『ボート倶楽部』では、このコーナーでは、全国のボート遊びに関するレポートを募集中◆

ボートは艇種を問わず、可搬艇のユーザーも大歓迎。みなさんの愛艇やボートライフの紹介、艤装のアイデア、釣行レポートなど、テーマはなんでもOKです。レポートが採用された方には原稿料、掲載誌のほか、フィールドレポーター・スペシャルステッカー(赤ステ)&チビステをプレゼント。赤ステは、ほかでは絶対手に入らない、レポーター限定の特別バージョンです。興味がある方は、お気軽に編集部までご連絡ください!

■書き方
[原稿の形式] 手書き、PCなど、なんでもOK 
[スタイル] である調、ですます調のどちらでもOK
[文章量] 2,400字程度
[イラストの下絵] 必要があればポイント図、タックル図、テクニック解説図など 
[写真] 8〜10枚、できれば多めにお送りください。各写真に説明を付けてください
[投稿方法] 郵送、EメールどちらでもOK 

■送り先
〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-17 ストークベル浜松町3F
舵社『ボート倶楽部』編集部 読者レポート係
TEL:03-3434-5182 FAX:03-3434-2640
E-mail: boatclub@kazi.co.jp

 

みなさまのボートライフを投稿してみませんか?どしどしお待ちしております♪

 

あわせて読みたい!

●「『BoatCLUB』読者投稿/#1 マイスタイル釣行を楽しむ」記事はコチラ

●「〈丸丸〉M嬢の視点①/平塚沖で初の中深海!」記事はコチラ

●「4/5発売『BoatCLUB』5月号/トラブル予防&対処法」記事はコチラ


ボートフィッシング

ボートフィッシング の記事をもっと読む