loading spinner

ヨットレース
若大将カップ/ディンギー&クルーザーが相模湾に集結

2020.10.27

10月25日(日)に、逗子~烏帽子岩(えぼしいわ)沖で開催された、「第38回リビエラ逗子マリーナヨットレース 加山雄三 invitational『若大将』カップ」。セーリングクルーザーのレースに加え、ディンギーレースも同時に開催される全国でも珍しいレースイベントだ。

本大会は、2015年から“若大将”こと、歌手で俳優の加山雄三さんが海に出てレースを観戦し、表彰パーティーでミニコンサートを開くというコンテンツが追加され、大変な人気を集めている。昨年は台風の影響で中止を余儀なくされただけに、選手も関係者も今回こその願いが募るばかり。そんななか今年は、加山雄三さんの不在、そして新型コロナウイルス対策を鑑みて、夜のパーティーはなく、レースのみ実施となった。 

 

途中風がなくなった時間は、鏡のような海面となった

 

37艇のさまざまな艇種のエントリーがあったディンギークラスは、逗子沖に打ったマークを、各艇が定められたレーティングに合わせた数を回るという方式を採用。海上で風待ちの後、12時過ぎにスタートし、1レースが実施された。
いろいろな艇種のディンギーが集まって同じレースを行うのは、全国でも珍しいイベントである。上位争いの熱き戦いが繰り広げられたようだ。 

 

さまざまな艇種が集まったディンギークラス

 

ディンギークラスには、8艇のアクアミューズが出場した

 

若大将カップは、クルーザーとディンギーを問わず、セーリングを愛するたくさんの人たちが集まるお祭りレース。普段はクルージングを中心に活動する人から、本格的なレース活動に励む人まで、誰でも参加でき、楽しめる。来年は、ぜひ参加してみてはいかが?

(文=Kazi編集部/松山 暁 写真=舵社/山岸重彦、松山 暁)

 

クルーザーのIRCクラスに出場した〈TIBURON〉(Salona37)

 

よく晴れた天気で、相模湾越しに富士山がよく見えた

 

■各クラスの成績はコチラから


今回は、この記事をご覧になった方限定で、若大将カップの参加賞(マグボトル)を5名様にプレゼント

ご希望の方は、「若大将カッププレゼント希望」と一言添えて、●氏名、●住所、●電話番号、●メールアドレスを明記の上、下記アドレスまでメールにてご応募ください。
フネ遊びの近況や身近なニュースなども添えてくださると、当選率がアップします!

●E-mail: kazi@kazi.co.jp
●締め切り/11月10日(火曜)
※当選は発送をもって代えさせていただきます


ヨットレース

ヨットレース の記事をもっと読む