loading spinner

ヨットレース
お正月だよ!/ヴァンデ・グローブ実況

2021.01.01

高槻和宏のヴァンデ・グローブ実況(2021/1/1 金曜日配信)

 

■〈LinkedOut〉がもがく

先週(2020/12/25)は、「先行3艇、勝負に出る」と題してお届けした。
(※先週の「高槻和宏のヴァンデ・グローブ実況」はコチラ)

凍える強風と大波で、泣く子も黙る "怒りの50度" (Furious Fifties)……のはずが、なんと高気圧に行く手を阻まれるという状況で、先頭の3艇が勝負に出たという話。

 

先頭3艇が……というより、3番手にいたトマ・ルイヤン(39歳/男性/フランス)の〈LinkedOut〉が勝負に出た、といったほうがよいのかもしれないけれど。

結果的には、これは大失敗。〈LinkedOut〉は前に出るどころか追走艇団に追いつかれてしまい、ランキングは4位に落ちる。

その後 "怒りの50度" らしい海象となるも、ふたたび穏やかに。
そして今、先頭艇団は魔のホーン岬を迎える。

 

■南緯55度の世界

海の上では緯度の1分が1マイルなので、緯度1度は60マイルだ。

ところが、経度の線(子午線)は南北両極で1点に収束するので、赤道付近(低緯度)では経度の1度も約60マイルと変わらないが、南緯45度での経度の1度は、距離にすると約42.5マイルと狭くなる。
……と、これは前にも書いた南緯40度台の世界。
南緯55度では、1度(60分)はさらに狭まって、約34.5マイルとなる。

 

公式のトラッキング・マップは、経線を平行に表すメルカトル図法で描かれているので、(南半球では)南に行くほど同じ距離がより長く表示される。
つまり、南に行くほど見た目よりも距離は近いということになる。

 

ヴァンデ・グローブは南極大陸一周の島周りレースのようなものなので、氷山避けに設けられた航行禁止ゾーン(ICE ZONE)ギリギリまで南下したほうが走る距離が短くてすむわけだが、いま先頭艇団のいるこのあたりから、次のウェイポイントは南米大陸最南端のホーン岬(Cape Horn)となるわけで……。

 

こうしてみると、アフリカ大陸の南端(喜望峰)に比べ、ホーン岬はずっと南に位置することが実感できる。同時に、南極大陸側からも半島が突き出ており、そこから舌のように伸びる南シェトランド諸島(South Shetland Islands)とに挟まれたドレーク海峡(Drake Passage)は、極めて狭い。
この狭い海峡は、南氷洋を吹きすさぶ偏西風を絞り出すように加速させ、大きな波を作り出す。悪魔のボトルネックなのだ。

船乗りにとっての畏怖の象徴、ケープホーンまで、先頭艇ヤニック・ベスタベン(47歳/男性/フランス)の〈Maître CoQ IV〉はあと600マイルと迫る。
2番手、シャルリー・ダラン(36歳/男性/フランス)の〈APIVIA〉は2100、北上して機をうかがっている。

 

それを追う〈GROUPE APICIL〉のダミアン・セギャン(41歳/男性/フランス)は、この〈APIVIA〉の北上を気にしている。自分も北上すべきか否か。
公式サイトのニュース記事「Damien Seguin 'I'm following my own routing'」

このあたりの心理戦も面白い。
続くベテラン、ジャン・ルカム(61歳/男性/フランス)の〈YES WE CAM!〉が自艇の後を追うような南下コースを取っていることから、ダミアン・セギャンも南下コースを維持することに改めて自信を持つ。

ダミアン・セギャンは、パラリンピックのトリプル・ゴールドメダリストだが、パラリンピックは完全なインショアレース。今回のヴァンデ・グローブ参戦にあたり、ジャン・ルカムは艇の整備を初めとして長距離レースのノウハウを授かった師匠なのだ。
その師匠が、自艇の後を着いてくるなら……ということ。

 

左手首より先がないというハンディキャップをものともせず、パラリンピックから外洋レースの世界へ、そしてヴァンデ・グローブの舞台へと走り続けるダミアン・セギャン
photo by Damien Seguin / Groupe APICIL

 

予想では、先頭の〈Maître CoQ IV〉は、より強い風の中でのホーン岬回航となりそうだ。
レース艇にとって、それが良いことなのか悪いことなのか……神のみぞ知る。いや、神にも分からないことなのかも。

筆者のウェブサイトで、現在の先行7艇を、改めて東スポ風に紹介してみた。
「ヴァンデ・グローブ参加艇を東スポ的に書いてみた」
興味のある方はご覧ください。

 

(文=高槻和宏)

※「舵オンライン」では、毎週金曜日に「高槻和宏のヴァンデ・グローブ実況」をお届けしています。

 

●Vendée Globe公式サイト
https://www.vendeeglobe.org/en
●レースのトラッキングサイト(現在位置)
https://www.vendeeglobe.org/en/tracking-map


高槻和宏(たかつき・かずひろ)
1955年生まれ。神奈川県在住。ヨット、ボート、カヌーなど、ジャンルを問わず海を遊ぶマリンジャーナリスト。月刊『Kazi』の人気筆者として、長年さまざまな記事を手がける。『虎の巻』シリーズ、『ヨット百科』など、ヨットに関する著作多数。


ヨットレース

ヨットレース の記事をもっと読む