祝! 30号/灯台マニアが作る『灯台どうだい?』

2021.06.12

フリーペーパー『灯台どうだい?』を紹介します。
これは灯台の魅力や楽しみ方を多くの方にお伝えしたい!――という発行人の思いがカタチになった小さな冊子で、2014年に創刊し、年4回のペースでこれまでに29号が発行されています。

内容は、各地の灯台のレポートはもちろん、クイズ、おみくじ、ラベルに灯台が描かれたお酒の紹介などの企画記事もあり、とても完成度の高いもの。写真のクオリティーが抜群で、海が好きな人なら思わず見入ってしまう写真が掲載されています。さらにレイアウトもおしゃれで、とても1人の灯台マニアが趣味で作っている冊子とは思えない仕上がりです。

発行人・編集長の名前は不動まゆうさん。普段はフルタイムで(海とはまったく関係ない)仕事をする傍ら、時間をみつけては国内外の灯台を訪ねているとのこと。いずれ「海側から灯台を見る」ために、昨年、ボート免許も取得したのだとか。とにかくピュアな灯台愛にあふれた、素敵な女性です。

 

不動さんは灯台の心臓部にある「レンズ」が特に好きなのだとか

 

最近、不動さんはテレビ、ラジオなどのメディアにちょくちょく出ているので、彼女をご覧になった方もいるかもしれません。ジャパン インターナショナル ボートショー 2021の「海ゼミ」でも、不動さんのセミナーを実施しました。当意即妙の受け答えでトークをこなし、灯台への思いを熱く語る不動さんの姿を見ていると、「好きなことを一生懸命やる」ことの大切さを再認識しますね。

 

さて、そんな灯台女子の不動さんが作るフリーペーパー『灯台どうだい?』、この6月末に、記念すべき30号が発行されるそうです(パチパチ!)。どんな内容なのか現時点ではわかりませんが、灯台愛がてんこ盛りであることは間違いありません。今回もその“熱さ”に触れるのが楽しみです。

 

とにかく熱い、不動さんの「灯台愛」

 

『灯台どうだい?』はフリーペーパーとして、各地の灯台、海事系博物館、海っぽいお店などに置いてあります。また年会費1,000円で1年に4冊を購読できるサポーター制度もあります。詳しくは下記の公式サイトでご確認ください。

冊子のサブタイトルは「灯台マニアがおくる崖っぷちマガジン」。ぜひ、これからも、陸地の端っこにある灯台の魅力を発信し続けてほしいものです。

 

(文=舵社/クボタヒデヤ)

 

●フリーペーパー『灯台どうだい?』
発行:年4回
発行人:不動まゆう
公式サイトはコチラ

 

こちらは不動まゆうさんの著書、最新刊

●『愛しの灯台100』
不動まゆう 著
A5/並製/208ページオールカラー
定価:2,090円(税込み)
版元:書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)
TEL:092-735-2802
http://www.kankanbou.com/books/trip/KanKanTrip_Japan/0437

 


あわせて読みたい!

●「お得な情報を定期的にゲット!/ヤンマーマリタイム」記事はコチラ

●「潮風を感じるアートに出合う/ハヤママリンギャラリー」記事はコチラ

●「辛坊治郎さんを支える|ヘリーハンセンのマリンウエア」記事はコチラ

 


トピックス

トピックス の記事をもっと読む