太平洋横断中の辛坊さん/サンディエゴに向けてラストスパート

2021.06.05

出航56日で全航程の4分の3を走破

4月9日の大阪出航から56日が経った、太平洋横断中の辛坊治郎さんと愛艇〈カオリンV〉(ハルベルグ・ラッシー39)の6月4日午後(日本時間)の位置は、アメリカ大陸東海岸・オレゴン州の西方約1,200km。大阪から目的地のアメリカ・サンディエゴまでの総航海距離の約77%を走ったことになる。

全航程の4分の3を過ぎ、いよいよ終盤となった今週の航海は、比較的落ち着いた風が多かったが、5月31日(現地時間)だけは最大風速40ノット(20m/s)と荒れた。結果的には順調に東へ距離を稼いだようだ。

 

現在位置は古野電気の辛坊さん応援ウェブサイトで、ほぼリアルタイムで更新されている(PC閲覧推奨)。右端のフラッグはサンディエゴの位置。

 

この1週間で800km以上を走り、サンディエゴまでの直線距離も2,200kmを切った。これまでずっとほかの船を見ることすらない「太平洋ひとりぼっち」の航海が続いていたが、6月3日には日本近海を離れて以降、初めて他の船(おそらく大型商船)をはるか遠くに発見。

アメリカが近づいてきているのを実感しつつ、他船との接近に気を配らなくてはいけない状況になってきた。

 

YouTubeチャンネル『辛坊の旅』より。

 

6月4日(日本時間)は低気圧の南側に位置して、継続的に強い風を受けて進んでいた。

サポートスタッフとの衛星携帯電話による定期連絡でも、「(現地時間の)朝6時くらいから吹きはじめて、1日同じペース。夕方くらいから曇ったけど、風は変わらず南西からで、朝からずっと強いです」としつつも、特に大きなトラブルは報告されず、順調な航海を続けている様子だ。

この先は、目的地のカリフォルニア周辺まで基本的に高気圧が支配する海面となっている。今後、2日程度は北西からの20~30ノット(10~15m/s)の風が吹きそうだ。

 

辛坊さんの冒険航海もいよいよ終盤戦を迎え、このウェブサイトでは到着日時の予想クイズを実施中です。

 

(文・写真=Kazi編集部/中島 淳)

 

辛坊さん関連記事はこちら。

※辛坊さんの関連記事は、現在発売中の月刊『Kazi』2021年6月号にも掲載しています。ご興味のある方は、全国書店またはこちらからお求めいただけます。

 

辛坊治郎さんの太平洋横断チャレンジを応援しよう!
古野電気の特設ウェブサイト

https://www.furuno.com/special/jp/shinbo-challenge/

 

 

あわせて読みたい!

●「辛坊治郎さんのアメリカ到着日時をアプリで予想してみた」記事はコチラ

●「辛坊治郎さんを支える/古野電気のエレクトロニクス」記事はコチラ

●「辛坊治郎さんを支える/ヘリーハンセンのマリンウエア」記事はコチラ

 


クルージング

クルージング の記事をもっと読む