太平洋横断中の辛坊さん/全航程の50%をクリア!

2021.05.14

出航から35日で全航程のちょうど半分を走破

4月9日の大阪出航から35日が経った、太平洋横断中の辛坊治郎さんと愛艇〈カオリンV〉(ハルベルグ・ラッシー39)の5月14日23時(日本時間)現在の位置は、本州の東方約4,500km。大阪から目的地のアメリカ・サンディエゴまでの総航海距離のちょうど50%を走ったことになる。

辛坊さんは出航前に「だいたい2カ月を想定している」と話しており、ペースは少し遅れ気味といったところ。食料や飲料水は3カ月ぶん以上を搭載しており、心配はなさそうだ。

 

現在位置は古野電気の辛坊さん応援ウェブサイトで、ほぼリアルタイムで更新されている(PC閲覧推奨)。

 

無風に悩まされ、トラブルも散発

日本時間の5月8日未明、30ノット(約16.2m/s)ほどの風を受けながら日付変更線を越えた辛坊さん。その強風下で、ブームバングとマストの接続部分のピンが飛ぶという比較的大きなトラブルが起きたが、その後、これまでの1週間は無風や弱い風が多く、なかなか距離を伸ばせないでいる。

ブームバングはロープで応急処置を施して、今のところは落ち着いているようだ。

5月12日には、ほぼ無風の太平洋の真ん中で霧に包まれるという、不思議な体験をしたという。

 

5月14日14時(日本時間)のサポートスタッフとの衛星携帯電話による定期連絡では、「今、前線通過中で、この数分間でおもしろいくらい風がぐるぐる回っています」(辛坊さん)としながらも、元気な声が聞かれた。

 

YouTubeチャンネル『辛坊の旅』より。

 

今後しばらくは風も吹き上がらず、安全な航海が続きそうな一方、なかなか東に距離を稼げない状況が続く。辛坊さんと愛艇〈カオリンV〉を効率よくアメリカに運んでくれる西風を求めて、今後どう針路変更していくかが検討事項になりそうだ。

 

(文・写真=Kazi編集部/中島 淳)

 

辛坊さん関連記事はこちら。

※辛坊さんの関連記事は、現在発売中の月刊『Kazi』2021年6月号にも掲載しています。ご興味のある方は、全国書店またはこちらからお求めいただけます。

 

辛坊治郎さんの太平洋横断チャレンジを応援しよう!
古野電気の特設ウェブサイト

https://www.furuno.com/special/jp/shinbo-challenge/

 


 

あわせて読みたい!

●「間もなく後半戦に突入|辛坊治郎さんの太平洋横断」記事はコチラ

●「5/1発売!月刊『Kazi』6月号/特集はフネを借りる・シェアする」記事はコチラ

●「ヤマハ・シースタイルにフィッシングチャーターが登場」記事はコチラ

 


クルージング

クルージング の記事をもっと読む