各地のボートショーの開催中止が決定

2021.05.13

4月には、ジャパン インターナショナル ボートショー 2021(神奈川県・横浜ベイサイドマリーナ)、中部ボートショー2021 in 常滑(愛知県・NTPマリーナりんくう)が相次いで開催され、本格的なシーズンインの幕開けを前に、大いに盛り上がっていた日本のマリン業界。

しかし、ゴールデンウイーク前には、東京や大阪などで緊急事態宣言が発令され、現在も延長されているエリアがあるほか、緊急事態宣言やまんえん防止等重点措置の適用エリアも、ますます広がってしまっている。

そんななか、5月、6月に各地で開催が予定されていたボートショーの中止が、相次いで発表された。中止が決まったボートショーは下記の通り。

 

●関西ボートショー2021(5月14日~16日)

●広島ボートショー マリン・グラン・フェスタ2021(5月22日、23日)

●四国フローティングボートショー2021 in新居浜(5月29日、30日)

●2021九州ボートショーin福岡(6月5日、6日)

●2021長崎マリンフェスタ(6月12日、13日)

 

いずれのイベントも、昨年に続いての中止。
とても残念ではあるが、現状を考えれば適切な判断であるといえるだろう。医療関係者に感謝するとともに、いまは我慢の時ととらえ、一日も早いコロナウイルスの収束を祈りたい。

 

(文=舵オンライン編集部)

 


あわせて読みたい!

●「開幕! ジャパン インターナショナル ボートショー 2021」記事はコチラ

●「舵オンライン特選! 全国マリーナガイド2021」特設コーナーはコチラ

●「ジャノーが贈るニューコンセプト|NC37」記事はコチラ


トピックス

トピックス の記事をもっと読む