loading spinner

ボート
ヤンマーが水素燃料電池を利用した実証試験を開始

2021.03.25

世界的に環境規制強化が進む昨今、プレジャーボートや大型船舶の世界でも、次世代エネルギーには非常に注目が集まるところだ。

そんな中、ヤンマーホールディングスヤンマーパワーテクノロジーが協力し、3月24日より水素燃料電池を利用した実証試験を開始した。

この実証試験の開始に先駆け、トヨタ自動車製MIRAI用燃料電池ユニットなどを組み合わせた、独自の船舶用燃料電池システムを開発。自社ブランドであるEX38Aに搭載し、FC(FUEL CELL)のプロト艇と位置づけた。

 

プロト艇となったヤンマーEX38A。赤と黒を基調に全体的にラッピングが施されており、これが大分の海を走れば目立つこと間違いなしだろう

 

この実証試験艇は、国土交通省の「水素燃料電池船の安全ガイドライン」に国内で初めて正式に準拠した船舶となる。

ヤンマーグループが目指すのは、大型船にも対応できる、複数台連結可能な燃料電池システムの大容量パッケージを開発し、2025年までに運用化すること。
その実現に向けて、この実証試験では、課題の抽出と対策の評価を実施する。

 

【実証試験艇概要】
●船体:ヤンマーEX38A(FCプロト艇)
●総トン数:7.9トン
●全長/全幅:12.39m/3.40m
●推進出力:250kW
●燃料電池システム:個体高分子形燃料電池モジュール×2基
●水素タンク:70MPa高圧タンク×8本
●実証場所:大分県国東市近海

モーターなどの詳細な情報は公開されていないが、いったいどんな走りをするのか、気になるところだ。今後の展開を楽しみに待ちたい。

 

ヤンマー公式サイト
https://www.yanmar.com/jp/

 

(文=舵オンライン編集部)

 


あわせて読みたい!

●「次世代操船システム『HARMO』|ヤマハが実証運航を開始」記事はコチラ

●「スズキの船外機用マイクロプラスチック回収装置」記事はコチラ

●「トヨタマリンの自動着桟システム|TDSの実力」記事はコチラ


関連タグ

ボート

ボート の記事をもっと読む