辛坊治郎さんの太平洋横断/折り返し出航から3日

2021.06.26

6月22日にサンディエゴから再出航

大阪出航から69日かけて太平洋横断航海を成功させた辛坊治郎さんは、到着からわずか6日後の現地時間6月22日朝5:58(日本時間の22日21:58)、日本に向けてサンディエゴから折り返し航海に出航した。

※トップ写真はサンディエゴのハーバーの桟橋を離れた瞬間の辛坊治郎さんと愛艇〈カオリンV〉(ハルベルグ・ラッシー39)。

 

出航から3日がたった日本時間25日午後の現在位置は、まだまだアメリカ大陸西海岸の沿岸と呼べる海域。

現在位置は古野電気の辛坊さん応援ウェブサイトで、ほぼリアルタイムで更新されている(PC閲覧推奨)。右端のフラッグはサンディエゴの位置で、そこから左上の航跡は往路のゴールに向けての様子だ。

往路よりも大きく南側に針路を取っているのは、アメリカ西海岸からアジア方面に向かう際に、安定した追い風となる「貿易風」が、より南の緯度帯に吹いているためだ。

 

日本時間6月25日昼(現地時間24日夕方)のサポートスタッフとの衛星携帯電話による定期連絡では、「ブローで17ノット(8.7m/s)くらい、風が落ちると7ノット(3.6m/s)くらいの風が続いています」とコメント。今のところフネのトラブルも嵐の兆候もなく、順調な航海を続けているようだが、26日以降はしばらく20~25ノット(10~13m/s)前後の強風がしばらく続く予報がでている。

YouTubeチャンネル『辛坊の旅』より。

 

4月9日から6月17日にかけて行われた往路航海のまとめ。月刊『Kazi』8月号(7/5発売予定)より。禁無断転載。

古野電気のGPSトラッキングデータから算出された往路の航海距離は、6,927マイル(約12,829km)だった。

 

辛坊さんは日本への到着を8月中旬から9月上旬と目論んでいる。引き続き、安全な航海を祈りたい。

 

(文=Kazi編集部/中島 淳)

 

辛坊さん関連記事はこちら。

※辛坊さんの往路航海についての詳しい記事は、7月5日発売の月刊『Kazi』2021年8月号に掲載予定です。また5~7月号にも関連記事があります。ご興味のある方は、全国書店またはこちらからお求めいただけます。

 

辛坊治郎さんの太平洋横断チャレンジを応援しよう!
古野電気の特設ウェブサイト

https://www.furuno.com/special/jp/shinbo-challenge/

 


 

あわせて読みたい!

●「到着から6日で再び復路・太平洋横断に出航した辛坊治郎さん」記事はコチラ

●「速報!辛坊治郎さん、1人乗り太平洋横断達成!」記事はコチラ

●「続報!桟橋に降りた辛坊さんのコメント」記事はコチラ


クルージング

クルージング の記事をもっと読む