7/5発売『Kazi』8月号/特集「東京五輪開幕直前情報」

2021.07.03

ヨット・モーターボートの月刊誌『Kazi』。2021年8月号の表紙は、2019年の五輪テストイベントで、江の島沖を走る49er FX級。

 

『Kazi』8月号特集は、2020東京五輪セーリング競技の開幕直前情報。1年の延期を経て、7月23日、ついに東京オリンピックが開幕する。セーリング競技には、全10種目に15人の日本代表選手が出場する。

コロナ禍による孤独と自身との戦いを乗り越え、大舞台を目前に控えた選手たちの声を中心に、観戦ガイドやヘッドコーチのインタビュー、かつてのオリンピアンたちが注目するポイント、代表選手への応援メッセージもお届けする。

 

男子470級の岡田/外薗チームなど、日本代表選手15人に話を聞いた。

 

辛坊治郎さんは一人乗りで太平洋を横断し、目的地であるアメリカ・サンディエゴに到着。独占インタビュー記事を掲載する。

 

SailGP シーズン2イタリア大会では、JPNチームが完全優勝を果たした。

 

世界の海を回った帆船乗り、山本 海さんが「夜航海」のすばらしさを教えてくれる「夜航海の世界」。

 

ヨットスクールのプログラムを紹介する新連載「ISPAクルーザースクール徹底解剖」も注目。

 

海ガールは、前島木彫所でヨット木造模型の製作に挑戦。

 

中年3人組は「サフィアSe27レジャー」でセーリングを楽しみつつ、デイセーラーの魅力について考察する。

 

ニューモデル紹介は、「ムーディーDS41」(上)と「クランキE56Fエボルツィオーネ」。

 

ほかにも、ヴァンデ・グローブ再挑戦を表明した白石康次郎さん関連の新連載や、ボルボ・オーシャンレース改め「ジ・オーシャンレース」の前哨戦の模様、470級の市野直毅選手が教えるスピードアップ術など、注目記事が盛りだくさん。

ぜひご一読ください。

 

(文=Kazi編集部 トップ写真=矢部洋一

 


月刊『Kazi』2021年8月号
●サイズ:297×210mm(A4判)
●ページ数:176ページ
●価格:1,200円
●発行:舵社
詳細およびご購入はコチラから

 

あわせて読みたい!

●「スーパーヨットカップ・パルマ/美しき巨大ヨットの競演」記事はコチラ

●「矢口あやはさんと航く奄美大島泊地紹介|古仁屋編①」記事はコチラ

●「最新のボート&ヨットを紹介/BOATING GUIDE 2021」記事一覧はコチラ

 


マガジン

マガジン の記事をもっと読む