6/4発売『Kazi』7月号/特集「夏クルアイテム72選」

2021.06.02

ヨット・モーターボートの月刊誌『Kazi』。20217月号の表紙は、サフィア27Seレジャーでくつろぐひとコマ。

 

7月号の巻頭特集は「夏クルに行こう! ヨット生活向上アイテム72」です。

6月は、セーラーたちが梅雨開けを待ち望み、真夏のクルージング="夏クル"の準備を開始する季節。
今年はどこの島に行こうか。静かな半島の入り江はどうか・・・。
わくわくする気持ちを抑えながらも、シップシェイプに余念はない。
そんな心躍る夏クルに最適なアイテムを紹介します。

 

クルージンググッズの思い出コラムは、バロメーター(気圧計)や陶器の皿について。

 

キャビンやコクピットで使える便利アイテム、真夏のひんやりグッズ、追加艤装、クルージング先で楽しめるアクティビティーなど、4カテゴリーに分けて紹介。その数は、なんと72(ナツだから)!

 

太平洋横断中の辛坊治郎さんの記事も注目。

 

東京五輪の聖火リレーのため、中国と日本で復元された遣唐使船の記事も。

 

海ガールは「海上特殊無線技士免許」の取得に挑戦しました。国際VHFを使えるガールになることができたのか・・・!?

 

チューネン3人組は、ラジコンヨットの世界へ。東京の下町・旧中川で毎週開催されているレースにおじゃましてきました。

 

リビエラシーボニアマリーナを拠点に行われた「ゴールデンウイークレガッタ2021」。編集部員のHPR艇同乗記も!

 

ニューモデル紹介は、「エクセス11」(上)、「バイキング38ビルフィッシュ」、「アクソパー37XCクロスキャビン」、「HHカタマランOC50」。

ぜひご一読ください。

 

(文=Kazi編集部 トップ写真=落合明人)

 


月刊『Kazi』2021年7月号
●サイズ:297×210mm(A4判)
●ページ数:176ページ
●価格:1,200円
●発行:舵社
詳細およびご購入はコチラから

 

あわせて読みたい!

●「辛坊治郎さんのアメリカ到着日時を当てよう!」記事はコチラ

●「矢口あやはさんと航く奄美大島泊地紹介|古仁屋編①」記事はコチラ

●「ちびっこたちがミラーディンギーを造る」記事はコチラ

 


マガジン

マガジン の記事をもっと読む