法定備品の代わりに使える!/イーチャートの機器に注目

2021.07.16

日本水路協会が発行する航海用電子参考図「ニューペック」。これは、ウィンドウズパソコンでの利用を前提につくられたソフトだ。詳細かつ圧倒的なデータ量は、小型船舶での利用に即したものとなっている。

近年は、そのニューペックのマップデータを搭載した製品が舶用機器メーカー各社から登場。「ニューペックファミリー」として広く認知されている。

イーチャート社のGPSプロッター魚探「NFシリーズ」やクラスBのAIS(船舶自動識別装置)送受信機を内蔵したGPSプロッター「AIS-50N」も、そんなニューペックのマップデータを搭載した製品だ。そして先ごろ、これら同社のニューペック関連製品が、小型船舶の船検における航行区域が「沿岸」の場合であれば、法定備品として搭載が義務付けられている「海図」の代替設備として、日本小型船舶検査機構(JCI)からの確認を受けたのだ。

ニューペックを搭載している製品は市場にたくさんあるが、すべての製品が法定備品の代替品としての確認を受けているわけではないのでご注意を。イーチャート社の製品の場合、もともとのニューペックのデータを間引くことなくすべて取り込んでいるので、ニューペックそのものと同等の内容を有するというお墨付きを得たというわけだ。

 

NFシリーズは、ニューペックのマップデータを一切間引くことなく詳細表示。全国を8分割したマップデータのうち1エリアぶんが標準装備されており、あとから他エリアの情報も別売りで購入できる

 

NFシリーズは、クラスBのAIS送受信機「CAMINO-108」を接続することで、プロッター画面にAIS搭載船舶の情報が表示される。三角形のマークがAIS搭載船舶で、カーソルを合わせると船名や目的地などの情報が得られる

 

クラスBのAIS(簡易型AIS)を内蔵したGPSプロッター「AIS-50N」。簡易型AISを使用する際には、無線局の開局申請をするだけでよく、国際VHFのように使う人の免許は不要。今回、このAIS-50Nも、船検区分「沿岸」の場合は、海図の代替設備としての確認を受けた

 

CAMINO-108(舵オンラインにて特価提供中)は、表示器を持たないクラスBのAIS送受信機。NMEA0183/2000のインターフェースにより、NFシリーズをはじめ、他社のAIS対応のGPSプロッターとも接続できる(接続には別途、LNA-1レベル変換器が必要)

 

NF80(GPSプロッター魚探)
●周波数:50/200kHz ●出力:600W ●画面:スクエア8型 800×600ピクセル ●電源:DC11~35V(80W) ●サイズ:H205×W293.5×D92mm ●付属品:外付けGPSアンテナ、イーチャート製品用ニューペックデータ1エリア
※NFシリーズには、ほかにもディスプレーのサイズの異なる多数の製品をラインアップしている

●GPSプロッター N80(魚探機能なし) 178,532円 →ご購入はコチラ

●GPS魚探 NF80(トランサム振動子付き) 199,964円 →ご購入はコチラ

●GPS魚探 NF80(インナーハル振動子付き) 205,044円 →ご購入はコチラ

●GPS魚探 NF80(スルハル振動子付き) 209,463円 →ご購入はコチラ

●イーチャート製品用ニューペックデータ 10,780円

 

AIS-50N(簡易型AIS送受信機付きGPSプロッター)
●サイズ:H184×W165×D90mm/重量:約900g ●電源:DC10-34V ●画面:5.6型 480×640ピクセル ●付属品:外付けGPSアンテナ、イーチャート製品用ニューペックデータ1エリア

価格:250,800円 →ご購入はコチラ

 

CAMINO-108(AIS クラスB送受信機)

●サイズ:H200×W110×D50mm ●付属品:外付けGPSアンテナ

☆舵オンライン連動特価セール実施中!
価格:76,780円
ご購入はコチラ

 

マイボートに航海機器の載せ替えを考えている方、あるいは新たに導入を考えている皆さんは、法定備品の代替品になるといったトピックも、製品の検討の際のファクターの一つに入れていただきたい。

 

(文=舵オンライン編集部 画像提供=イーチャート)

 

(掲載商品に関する販売のお問い合わせ)
KAZIオンラインショップ
https://www.seaplaza.jp/

 


あわせて読みたい!

●「しつこい汚れを落とす/ユニバーサルストーン」記事はコチラ

●「ヨットレース用コース計算機/タッキングマスター」記事はコチラ

●「行って来いのロープを簡単に取れる/フック&ムア」記事はコチラ

 


グッズ

グッズ の記事をもっと読む