loading spinner

カヌー
“+α“ のお愉しみ!/濡れてもへっちゃらなウクレレ

2020.11.11

『カヌーワールド』VOL.21の巻頭特集は「ソロ+αの愉しみ」。ソロでのパドリングに、自分なりの愉しみを+αして、より積極的にソロで遊んじゃおう、という内容をお送りしました。
キャンプや釣り、料理などなど、ソロに限らず、カヌー、カヤック遊びと組み合わせると、楽しさが倍増するものって多いですよね。たとえば音楽などもそのひとつ。以前、ダウンリバー&キャンプ取材のときに、ミニギターやブルースハープを持参してくれたカヤッカーがいたんですけど、いやはや、その夜の焚火を囲んでのキャンプの盛り上がったこと~!
で、私もキャンプツーリングのお供にと、このたび楽器を始めてみました。そう、ウクレレです。ウクレレって、弦が4本しかなくて、コードを押さえるのが断然楽チン(ギターは弦が6本もありますからね)。コードを4つ覚えれば「3万曲くらいは弾ける」とも言われていて、実際、すご~く簡単です。私でもすぐに2~3曲くらいは弾けるようになりました。
ただ、アウトドアのイメージが強いウクレレですが、基本的にはコアやマホガニーなど、ボディが木製なので湿気や温度差にはそれなりに気を使わなくてはならないことが判明。あらら、カヌー、カヤックに気軽に積んでいけないじゃないか~!

 

いやいや、そうでもないんです。この写真の「OUTDOOR UKULELE(アウトドアウクレレ)」、2014年にアメリカのオレゴン州ベンドで創業され、以来大人気で常に品薄状態のウクレレなんですけれど、なんと素材が複合ポリカーボネイト製(ポリカーボネイトにグラスファイバーが混ぜてある)なんですね。
なので、耐候性が非常に高く、-40度~+120度までの温度変化にも対応。真夏のクルマのなかに置きっぱなしにしても大丈夫ですよ。さらにボディがポリカーボネイト製ですから水や海水に濡れてもへっちゃら!(海外の動画では、デモンストレーションとしてこのウクレレでカヤックを漕いじゃったりしています。ただし、ペグ部分はニッケルやメッキフィニッシュなので、メーカーでは海水に濡れたら真水で洗って乾かすことを推奨しています)

 

で、肝心の音ですが、これはあきらかに他社のABS製のプラスチックウクレレなどとは一線を画します。硬質で頑強なボディは共振性に優れ、ボディ内からネック、ヘッドまで続く一体成型の「中空構造」になっているので、ボディとネック全体で共振し、豊かでボリューム感あるサウンドを楽しめます。
もちろん、ウッドボディのウクレレに比べればその音色は明らかに異なりますが、見た目以上にサウンドは上品で、いわゆる“オモチャ感“は皆無。作りも非常にていねいで、とても美しいウクレレです。

 

サウンドホール内のラベルも、“いかにも”という感じでいいでしょう? ただ、このブランド、こうしたラベルやヘッドのブランドステッカーのデザインをけっこう気まぐれに変えるんですよね。まあ、そのアバウトさも、いかにもガレージブランドっぽくて個人的には嫌いじゃないです。

 

ブリッジやサドルも一体成型。フロロカーボンの弦は、玉結びにして穴の溝に引っ掛ける構造。ちなみに、このアウトドアウクレレはフレット(ネックの表面にある金属の仕切り棒)もすべてボディと同じポリカーボネイト製の一体成型でできていて、安い木製ウクレレにありがちなフレット位置のズレによる音のズレ、いわゆる“フレット音痴”などのトラブルは皆無。きちんとチューニングをすれば、どの個体でも非常に正確な音を発します。

 

ペグはオリジナルのサイドタイプのギアペグ。細部に至るまで綺麗な仕上げです。
アウトドアウクレレは発売当初、日本にはそんなに数が入ってきていませんでしたが、一昨年ころから音響照明機器の通販大手の「サウンドハウス」が取り扱いをスタートし、現在は比較的容易に手に入るようになりました。ラインナップは「ソプラノ」と「テナー」の2バージョン、カラーはムーンシャイン、ブルー、グリーン、ブラウン、カーボンなどが揃っています。

ということで、水辺に持ち出したくなるアウトドアウクレレ、予備パドルになるかどうかは別にしても(笑)、ちょっとカヌー、カヤックに積んでおきたくなるでしょう? 私も早く上手に弾けるようになって、フィールドデビューしなくては~! 

(文・写真=CANOE WORLD編集部/星野 淳)

 

OUTDOOR UKULELE  SOPRANO BROWN GOLD
(※写真のモデル)

SPEC
●全長:54 cm
●幅: 17 cm
●高さ6 cm
●フレット数:12
●低温:-40度
●高温:+120度
●価格:13,800円+税
※Made in Bend, Oregon USA.

(問い合わせ)
サウンドハウス
TEL:0476-89-1111
https://www.soundhouse.co.jp/


関連タグ

カヌー

カヌー の記事をもっと読む