loading spinner

グッズ
繰り返し使えるジッパーバッグ「Pake(パケ)」

2021.03.27

ひと目見た瞬間、「かわいい!」と思った。それが、日本製のジッパーバッグ「Pake(パケ)」だ。よくある市販のジッパーつきポリ袋より、厚手でしっかりしている。

機能面も充実しており、何度も使えて、防紫外線、防水とアウトドアシーンでの利用にぴったりだ。海に出る時の小物入れとして使い勝手が良い。上端に穴が開いているタイプもあり、細いシート(ロープ)を通してミニバッグ代わりにもなる。

 


RIBに乗った際、パケにシートを通して、スマートフォン入れとして使ってみた。中に入れたままでも、スマートフォンを操作できる

 

サイズは四つ。一番小さな「The Quantum(ザ・カンタム)」は小銭やカード入れに。最大の「The Tech(ザ・テック)」には、A4の紙にプリントアウトしたレース公示や帆走指示書などもすっぽり入る。防水なので、ジッパーをしっかり閉じておけば、中が濡れる心配もない。すぐ破けるということもなく、繰り返し使えるのがうれしい。

 


サイズは、黒が最小のThe Quantum、オレンジがThe Clandestine、緑と透明がThe Filler

 

豊富なカラーバリエーションや、有名ブランドとのコラボレーションも魅力の一つ。アウトドアから普段のオフィス使い、旅行などでも大活躍しそうなアイテムだ。価格は1個400円からで、公式サイトでは2,000円以上の購入で送料無料となる。

 


ロディアとのコラボ商品。pakeの刻印入りのブロックロディアNo.10(5.2 × 7.5cm)が、2個セットになっている。価格:税込み1,210円

 

The Quantum(ザ・カンタム)
●サイズ:H 12.5cm × W 14.5cm
●価格:税込み400円~

 

The Clandestine(ザ・クランデスティン)
●サイズ:H 17.5cm × W 18cm
●価格:税込み500円~

 

The Filler(ザ・フィラー)
●サイズ:H 19cm × W 24cm
●価格:税込み600円~

 

The Tech(ザ・テック)
●サイズ:H 28cm × W 36cm
●価格:税込み800円~

 

■公式ウェブサイト
Pake Store
https://pake.jp/

 

(文=Kazi編集部/森口史奈 写真=舵社/山岸重彦、 森口史奈)

 

あわせて読みたい!

●「シナコバの折り畳み自転車」記事はコチラ

●「雨の日が待ち遠しい!防水ソックス『Dexshell』」記事はコチラ


関連タグ

グッズ

グッズ の記事をもっと読む