ノードスター(フィンランド)の取り扱いを開始|ユニマットプレシャス

2023.01.17

堅牢な船体にタフな走り、クラフトマンシップあふれる木工。そんな北欧フィンランドボートの王道を行くのが「ノードスター(Nordstar)」だ。

今年1月から、ユニマットプレシャスが日本でのインポーター業務を開始。本格的な展開が始まったばかりのこのブランドに注目しよう。

 

ノードスターを建造するリネックスボート社(Linex-Boat Oy)の創業は1920年と、実に100年以上にわたる歴史を持つ。木製の漁船やワークボートの建造からスタートし、1940年代後半からはプレジャーボートも扱うようになり、1984年には最初のFRP艇をリリースした。ノードスターのブランド名を使い始めたのは1990年代後半から。

 

創業当時の様子(上)と、同社が1940年代から手掛けるようになった木造プレジャーボート(下)

 

現在のラインアップは、26から49まで7モデル。基本的にはスターンドライブ仕様だが、小型艇では船外機、大型艇ではボルボ・ペンタのIPSの選択肢も用意されている。

 

ラインアップ中、最大モデルとなる「ノードスター49+」

 

同社の現在のCEOを務めるのはサイモン・リンドクビスト氏で、創業者のシバート・リンドクビスト氏から数えて4代目にあたる。長年にわたって堅実に家族経営を続けており、その製品には揺るぎないポリシーが見えてくる。

例えば、強靭なハルにはこだわりがあり、ハンドレイアップによる積層は15層と厚めで、硬化には必ず3週間をかけるなど、ていねいなモノづくりも特徴の一つ。北欧艇らしいぬくもりとモダンな感覚にあふれる船内空間、そしてタフな走りが安心感を与えてくれるに違いない。

 

コッコラという町にある造船所。現在100人ほどの従業員が働いており、年間70隻ほどのボートを建造している。冬季は完成した艇を水に浮かべることができない土地柄とあって、工場内にはプールを備えている
(上写真2点提供=ユニマットプレシャス)

 

さて、今年3月23日(木)~26日(日)に開催される「ジャパン インターナショナル ボートショー 2023」では、横浜ベイサイドマリーナ会場のユニマットプレシャスのブースに、「ノードスター31+」と「ノードスター28+」の2艇が展示される。

どちらも、もちろん国内1号艇。ぜひ会場で実際にご覧になっていただきたい。

 

(文=舵社/安藤 健 写真提供=Linex-Boat Oy)


NORDSTAR 28+

抜群の航走性能とゆとりの居住空間を両立した「ノードスター31+」。ボルボ・ペンタD4-320 DPI(320HP/235kW)の2基がけの場合の最高速度は50ノットに達するという。

 

一目見ただけでノードスターとわかる、定番のスタイリングを継承し続けている。アフトコクピットの大半をカバーするひさしも、デザイン上のポイント。

 

広々としたアフトコクピットとスイムプラットフォームは、くつろぎの時間を過ごすにも、マリンアクティビティーを楽しむにも、使い勝手がよさそうだ。

 

パイロットハウスは360度が大型の窓とドアで構成されているため、操船中の視界もよく、採光性も抜群。テーブルトップは昇降式になっている。

 

長期クルージングにも対応した居住空間を持つことも31+の特徴。船首にはマスターステートルームを備えている。

 

ミジップにもステートルームがあり、左舷側のシート最後部を跳ね上げると、出入り口が現れる。こちらはシングルバース2本という構成になっている。

 

SPEC
〇全長:10.05m
〇全幅:3.15m
〇乾燥重量:5,500kg
〇燃料搭載量:520L
〇清水搭載量:117L
〇ドライブ方式:スターンドライブ
〇エンジン:ヤンマー4LV250(250HP/183kW)×2
※他に1基掛け、船外機仕様など各種あり

 


NORDSTAR 28+

ラインアップ中、最も人気があるという「ノードスター28+」。パワーユニットは、スターンドライブ仕様のほか、船外機仕様も用意されていて、3月のボートショーで展示される日本1号艇は、マーキュリー製270馬力船外機の2基掛け。輸入・販売を手がけるユニマットプレシャスの担当者が、同じ仕様のモデルに現地で試乗した際には、最高速度42ノット、巡航速度34ノット程度で、波のたたきも柔らかく、乗り心地のよさが印象に残ったということだ。

 

「パトロール」というモデルも造っていたノードスターだけに、精悍な印象を受ける。乗り心地を向上させるため、ハルのストレーキに変更が施された。

 

ギャレーをロワーデッキに移すこと(ダウンギャレー)で、パイロットハウスには、余裕たっぷりの居住空間が実現した。後部のウインドーは開閉式で、心地よい風を取り入れられる。

 

パイロットハウス前方にヘルムステーション。航海計器の大型のディスプレーも設置可能だ。左舷側にはナビゲーターシート、左右にスライドドアを備える。

 

パイロットハウス前方に向かって階段を下りると、左側にギャレー、右側にトイレ&シャワールームが設置されている。

 

ナビシートを跳ね上げると、ミジップのステートルームへの出入り口が設けられている。限られた空間を上手に使うアイデアが満載だ。

 

SPEC
〇全長:9.5m
〇全幅:3.1m
〇乾燥重量:4,500kg
〇燃料搭載量:585
〇清水搭載量:135L
〇ドライブ方式:スターンドライブ
〇エンジン:ヤンマー8LV370
(370HP/272kW)
※他に2基掛け、船外機仕様など各種あり

 

(問い合わせ)

ユニマットプレシャス
関東営業所(浦賀)
TEL: 046-844-2111
●中部営業所(豊川)
TEL: 0533-76-3100
●関西営業所(西宮)
TEL: 0798-31-5066

https://www.unimat-marine.com/

 

 


あわせて読みたい!

●複合施設「YANMAR TOKYO」がオープン|東京駅と直結した新名所

●ボートユーザーの安全を考えたスマホアプリ「BLUE」

●4月にオープン! 横浜ベイサイドマリーナのカタマランバース

 


ボート

ボート の記事をもっと読む