loading spinner

ジャノーが贈るニューコンセプト/NC37

2021.05.03

フランスのジャノー(Jeanneau)は、セールとパワーとを問わず、幅広いモデルを扱うプロダクションボートビルダーだ。2021年4月末現在、セールボートが3シリーズ11モデル、パワーボートが5シリーズ29モデルという充実のラインアップを誇っている。

このうちパワーボートに関しては五つのシリーズから成っており、小~中型クラスのセンターコンソール仕様の船外機艇「キャップキャマラ(Cap Camarat)」、釣りからクルージングまでマルチに使えるセダン「メリーフィッシャー(Merry Fisher)」、よりフィッシャビリティーを重視した「メリーフィッシャー・マーリン(Merry Fisher Marlin)」、開放感にあふれるエクスプレスクルーザー「リーダー(LEADER)」、そしてジャノーが新たに取り組む意欲作の「NC」という構成だ。

 

このうち、昨年末に試乗の機会を得たのは「NC37」というシリーズの最新モデルである。NCシリーズのファーストモデルであるNC11が発表されたのは、2010年のこと。モデル名のNCとは、「New Comcept」の頭文字を取ったもの。そう、大胆にもコンセプトをずばりシリーズ名に掲げたNCは、従来のラインアップには見られない"新しいコンセプト"を引っ提げて鮮烈なデビューを飾ったわけだ。

フィート全長を呼称とした現行ラインアップは、いわばNCシリーズの第二世代といえる。その"新しいコンセプト"を体現する部分として、次の三つのポイントが挙げられている。

①パノラマビューを楽しむことができ、明るさに満ちた船内空間
②同一の床レベルのハウスとアフトコクピットとを、自由に行き来できること
③ヘルムステーションからサイドデッキへと直接アクセスができること

 

セールとパワー、さらにレーシング、クルージング、そしてフィッシングと、ジャンルを問わずにヒット艇を輩出してきたジャノー。それだけに、この"新しいコンセプト"は、考えに考えぬいた末のカタチが見て取れるものだといえるだろう。

 

試乗艇のパワーユニットは、ボルボ・ペンタD4-270(270HP/199kW)の2基掛け。スターンドライブ艇らしいキビキビとした走りが印象的だ。取材時は5~6m/sの風、2名乗船で、最高速度は27~28ノット。

 

ウオークアラウンド仕様のレイアウトを採用している。ただし、ハウスはオフセットの状態で設置されており、右舷側の通路がメインとなるため幅が広く取られている。

 

サンルーフを開けた状態。そもそもハウス前面と側面のウインドーの面積が大きいこともあって、オープンボートさながらの開放的な空間が広がっている。

 

パノラマビューの広がる船内空間。左舷側はコの字形のソファ、右舷側は前からヘルムステーション、大型のギャレーエリアという構成だ。割り切ったアコモデーションの配置は、逆に新鮮に映る。

 

ハウス後部は、ごらんのとおり、ほぼ全開にすることが可能。船内外の区別なく、皆がくつろげる船上空間が現れる。

 

アフトコクピットの左舷側&トランサムには、L字形のソファを設置。このエリアにはシェードもあって、実に過ごしやすい空間となっている。

 

後部のソファを後方にスライドし、背もたれを倒して、手前側にクッションを置けば、広大なサンベイジングスペースが出現する。ここは特筆すべき快適なエリア。

 

必要最小限にコンパクトにまとめられたヘルムステーション。サイドには大型のガラスをあしらったスライドドアを備える。この写真を見れば、視界のよさを感じていただけるはずだ。

 

左舷側のソファの背もたれを後方に展開することで、ナビゲーターズシートとして活用できる。大人2名がゆったり座ることが可能で、よく考えられた仕組みといえるだろう。

 

ロワーデッキは、居住エリアとなる。船首にはマスターステートルームを配置。200cm×150cmのアイラインドベッドが備わり、採光性の高い空間となっている。

 

マスタ―ステートルームの後ろは、左舷側がトイレ、右舷側がシャワールーム。その後方(ミジップ)の左舷側には、シングルバース2本が配置されたゲストルームとなる。

 

ミジップの右舷側は、あれこれ使えるユーティリティールーム。天井高が60cmほどしかないが、試乗艇のようにクルールームとするもよし、荷物置き場とするもよし。メインサロン中央の床からもアクセス可能。

 

試乗艇のエンジンは、ボルボ・ペンタD4-270(270HP/199kW)の2基掛け。ほかにD3-220などの選択も可能となっている。

 

試乗は、日本を代表するクルージングゲレンデとして名高い五ヶ所湾で行った。小回りも利き、また、滞在するにも快適な、こんなボートであれば、充実のクルージングライフを送ることができるに違いない。

 

JEANNEAU NC37

●全長:11.9m
●ハル長:9.86m
●全幅:3.59m
●喫水:1.07m
●排水量:6,832kg
●エンジン:ボルボ・ペンタD4-270(270HP/199kW)
●燃料タンク:650L
●清水タンク:300L 

[問い合わせ]
オデッセイマリーン
TEL: 046-875-0650 / 046-879-2178
https://www.odysseymarine.co.jp/

 

取材時の走行動画はコチラ↑↑

 

(文=舵社/安藤 健 写真=松本和久)

 

※「ジャノーNC37」のインプレッション記事は、月刊『Kazi』2021年6月号(5/1発売)に掲載

 


あわせて読みたい!

●「5/1発売!月刊『Kazi6月号』」内容紹介記事はコチラ

●「気象予報士セーラーが解説/辛坊治郎さんの太平洋横断」記事はコチラ

●「サンシーカー・マンハッタン55/完璧という名の極みへ」記事はコチラ

 


関連タグ

ボート

ボート の記事をもっと読む