リビエラシーボニアマリーナ(神奈川県)|マリーナガイド2021

2021.02.24

海を愛する人たちが憧れ続ける
緑豊かなプライベートマリーナ

リビエラシーボニアマリーナ(神奈川県三浦市)

 

1967年に誕生したリビエラシーボニアマリーナ。日本のマリンシーンの黎明期から数々の歴史を紡ぎ、多くの人たちが憧れる特別な場所だ。三浦半島の南端近くに位置し、静穏な入り江と豊かな自然が、愛艇を置いているオーナーの心のよりどころとなっている。

また、リビエラシーボニアマリーナが位置する小網代湾の湾奥には、適切に管理され保全されている「小網代の森」が広がる。ここは、川の源流から海までつながる生態系と自然が、そのままの形で存在する全国でも希少な森だ。オーナーは、この豊かな自然の恩恵を享受することが可能となる。

 

美しい自然が残る「小網代の森」。遊歩道が整備されているので、海に出るだけでなく、ちょっとした散歩も楽しんではいかがだろう。

 

目の前に江の島や富士山を望む絶景レストランがある。「シーボニア クラブハウスレストラン」(TEL:046-882-1216) だ。相模湾から届く新鮮な魚介類をはじめ、自然の恵みにあふれた創作料理がずらりと並ぶ。

 

おすすめは開業当時からの人気メニュー「シーボニアライス」。実は2020年末にリニューアルされ、現代風にアレンジされた逸品となっている。目の前に広がる海を眺めながら特別な人と過ごす。そんなレストランがここにある。(関連記事はコチラ)

 

「シーボニア クラブハウスレストラン」は、誰もが立ち寄ることが出来るとっておきのレストラン。その歴史と風格を、ぜひ実感してほしい。

 

小網代湾・小網代の森を巡る「海の散歩クルーズ」は、誰でも気軽にシーボニアマリーナからボートで出航し、周辺の見どころを洋上から巡るクルーズ。ネイチャーガイドを兼ねる船長が操船し、小網代の大自然を堪能することが可能だ。ほかにも油壷湾を巡るコースもある。随時クルーズは行われており、ぜひ問い合わせてほしい。
■デイクルーズ:一船貸切 6,000円(税別)
■サンセットクルーズ:一船貸切 8,000円(税別)
※大人5名まで乗船可能

 

リビエラシーボニアマリーナはビジターにも広く開放されており、「こあじろ・シーボニアマリーナ海の駅」として登録されているので、一時利用することもできる。ここでしか体験することのできない自然環境を楽しんだあとは、併設されたオーシャンビューのレストランで、ゆったりと食事を堪能することが可能だ。近海で水揚げされたばかりの四季折々の魚介類、地元産の季節野菜をたっぷりと使用した料理など、ここだけの味を満喫いただきたい。
豊かな自然があふれるリビエラシーボニアマリーナは、海を友とする私たちに広く開放されているマリーナでもあるのだ。

 

(文=舵オンライン編集部)

 


【主なデータ】
アクセス:(車)横浜横須賀道路 衣笠ICから三浦縦貫道路経由で約20分
営業時間:9:00 〜 18:00(11月〜 3月は、〜17:00)
定休日:火曜日(4月〜 7月、9月) ※8月は無休、10 〜 3月は火・水曜日
収容隻数:海上係留約60隻、陸上保管約340隻
主な設備:マンション、会員専用プール、駐車場、上下架設備4基、整備工場、給油施設、クラブハウス&レストラン、シャワールーム

 

〒238-0225 神奈川県三浦市三崎町小網代1286
TEL: 046-882-1212
https://www.riviera.co.jp/marina/seabornia/


マリーナ

マリーナ の記事をもっと読む