loading spinner

マリーナ
佐島マリーナ(神奈川県)|マリーナガイド2021

2021.02.24

ますますソフト面が充実
ホテルも備えた複合型リゾート

佐島マリーナ(神奈川県横須賀市)

 

湘南の海を楽しむための拠点として、長くユーザーに親しまれてきた佐島マリーナ。その歴史は長く、創業は1965年までさかのぼる。日本のマリンレジャーシーンの成熟とともに、今日まで歩みを進めてきたマリーナだ。
佐島が位置するのは、三浦半島西岸のほぼ真ん中あたり。江の島や逗子、葉山といった湘南のメジャースポットに飽き足らない人たちには、とっておきの場所として静かな注目を集めてきた場所でもある。都会の喧騒を離れ、目の前に広がる相模湾で存分に遊ぶもよし、のんびりとマリーナステイを楽しむもよし、そんな休日を過ごすことができるのが佐島マリーナなのだ。

 

目の前に広がるのは相模湾。伊豆半島や伊豆大島など、気軽に足を運べる圏内に、たくさんのクルージングスポットが点在する。四季を通して、さまざまなターゲットが狙えるポイントも近隣に多数ある。そんな絶好のロケーションとあって、ボートアングラーにも人気が高い。

 

佐島マリーナの公式ホームページ内の「釣り天狗」のコーナーには、マリーナメンバーの釣果報告が随時アップされている。アマダイにカンパチ、マダイ、ヤリイカ・・・ここを拠点に、さまざまな釣りを楽しむことが可能だ。ボートフィッシングに詳しいスタッフもいるので、最新情報がいつでも得られるはず。

 

海上に約30隻、陸上ヤードスペース(屋外)には、約40隻の艇置スペースを有している。上下架施設は22トンクレーンを備えている。

 

艇置方式の面で最大の特徴は、わが国では大変珍しい屋内での艇庫保管スペースも備えているところ。大切な愛艇を、潮風や雨風にあたることもない場所に保管できるのは、とても魅力的だ。

 

マリーナのすぐ隣には「天神島臨海自然教育園」がある。誰でも無料で入れるここは、多くの海浜植物や海岸生物が生息する、三浦半島でも貴重な自然海岸の一つ。海に出ない日は、のんびりと散歩して過ごすのも悪くない。

 

また、佐島マリーナでは、ホテルの営業も行っている(写真後ろの建物)。自然に囲まれた環境の中で、極上のホスピタリティーを備えた施設として長く人気を集めている。
●佐島マリーナホテル
https://hpdsp.jp/sajima-hotel-south-of-hayama/

 

このホテルには、レストランをはじめ、展望浴場やプール(夏季のみ営業)も備えており、マリーナメンバーは利用優待も受けられる。一日の疲れをいやしつつ、沈みゆく夕日を。。。などという、とっておきの時間を過ごすことが可能なわけだ。
実は海外のマリーナの多くは、こういった施設を備えているのが常でもある。そう、マリーナとは、ただ単に船を置いておくだけの場所ではないのだ。

 

そういったことを踏まえると、ソフト面の充実も目を見張る。
マリーナ内にあるレストラン「モア」のランチと、約40分の遊覧クルージングがセットになった「ランチクルーズ」は、ホテルの宿泊客にも人気を集めるサービス。船長付きだから、たまには操船を任せてのんびり・・・なんていうボートオーナーにもおすすめしたい。「葉山牛ハンバーグステーキランチ」や「季節の鮮魚ランチ」など、地元の食材を使ったメニューは絶品だ。
料金は1人6,000円+税、1日限定4組8名様。要事前予約(TEL: 046-857-1615)。

 

ホテルのエントランスには、お土産品のほか、マリンアパレルやリゾートウエアなども並ぶショップブースもある。
また、昨年からは、シティマリーナヴェラシスとも連携し、本格的なダイビングスクールのサービスも開始した。三浦半島の海で学び、夜はホテルに宿泊できるプランもあり、旅行気分で楽しみながらライセンスが取得できるとあって要注目だ。

 

(文=舵オンライン編集部)

 


【主なデータ】
アクセス:(車)横浜横須賀道路 横須賀ICから約12分
営業時間:9:00~17:00(夏季の土日祝日は8:00~18:00)
定休日:火曜日
収容艇数:海上係留約30隻、陸上保管(屋外)約40隻、艇庫保管約30隻
主な設備:上下架施設(22トンクレーン)、給油施設、給水・給電設備、艇庫、修理工場、クラブハウス、ホテル、展望風呂、レストランほか 

 

〒240-0103 神奈川県横須賀市佐島3-7-4
TEL:046-857-8100
http://www.sajimamarina.com/


関連タグ

マリーナ

マリーナ の記事をもっと読む