小樽港マリーナ(北海道)|マリーナガイド2021

2021.02.24

石狩湾のダイナミックな自然の中で
マリンレジャーが存分に楽しめる

小樽港マリーナ(北海道小樽市)

 

海上係留を主体としたマリーナとして開業した小樽港マリーナ。北海道随一の本格的な設備と規模を誇り、広く一般の方々が親しめる潤いとにぎわいのある、北の大地のマリーナだ。小樽港マリーナでは、誰でも気軽にマリンレジャーを体験できるメニューを用意しており、キャプテン付きのパワーボートでのクルージングや、ヨットインストラクターが同乗するクルーザーヨットでのセーリングなどを、存分に楽しむことができる。

陸上艇置場と海上艇置場があり、海上係留艇は24時間出港できる。給電、給水設備も完備。最大72ftまでの保管が可能だ。また、「おたる海の駅」として登録されており、ビジターバースも備える。

 

石狩湾の海をゆったり楽しむクルージングが特徴で、なかでもニセコ積丹(しゃこたん)小樽海岸国定公園に含まれているオタモイ海岸を巡る「窓岩クルーズ」では、せり出した溶岩の岩肌にぽっかりと大きな穴があいた「窓岩」越しに、隣接する「立岩」との一体感のある景色を海上から見ることができる。

 

日和山灯台とニシン御殿。現在の灯台は昭和28年に完成したもので、映画「喜びも悲しみも幾歳月」のラストシーンの舞台となったことで知られている。

 

センターハウス1階にあるマリンショップ「Seacle(シークル)」は、マリーナの総合案内所として快適なクルージングやマリンレジャーをサポート。海図や船外機用オイル、ロープ、船底用塗料、さらにはウエア、雑貨など、さまざまなマリングッズを取り揃えている。

 

(文=舵オンライン編集部)

 


【主なデータ】
アクセス:(車)札幌から有料道路を使わない場合/約45分。有料道路を使用した場合/約30分。(電車)JR札幌駅より小樽行きのJR快速エアポートで、小樽築港駅まで約25分
営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜日(祝日の場合は、翌日木曜日)
収容艇数 :海上係留約210隻、陸上保管約100隻
主な設備:上下架施設、給油施設、給水・給電設備、修主な設備 理ヤード、マリンショップ、会議室ほか

 

〒047-0008 北海道小樽市築港5-7
TEL: 0134-22-1311
http://www.mw-otaru.jp/


マリーナ

マリーナ の記事をもっと読む