loading spinner

マリーナ
三河みとマリーナ(愛知県)|マリーナガイド2021

2021.02.24

リニューアル工事が進行中
ますますゆとりの設備が充実

三河みとマリーナ(愛知県豊川市)

 

三河湾の最奥に位置する「三河みとマリーナ」(愛知県豊川市)。1993年のオープン以来、三河湾におけるマリンレジャーの文化を創出し続けてきた。

ここの自慢は、なんといってもゆとりあふれる設備の充実。三河湾、東海エリアではもちろんのこと、全国でも屈指のレベルにあるといっていい。海外の都会的なマリーナをほうふつさせる環境のなかで、上質なマリンライフを過ごすことができるはずだ。

 

広々としたウッドテラスが、開放的な雰囲気を醸し出している。2019年秋から、海上係留区画の大規模なリニューアル工事がスタートし、2021年春には第2期桟橋工事が完了。大型艇(最大で100ft)にも対応した新しいバースが設置されたほか、近年大型化する台風に備えて、係留杭の数も増やされている。快適かつ安心に過ごせるマリーナへと進化が止まらない。

 

リニューアル工事を終えた新しい桟橋が、すでに運用されている。給水設備はもちろん、陸電設備も整っている。桟橋の広さも十分にとられ、こんなところにも「ゆとり」が表れている。係留杭の高さにも注目。

 

ユーザーの所有艇が大型化する昨今、それに対応した施設のニーズは高まる一方だ。時代の変化に合わせて、三河みとマリーナも進化を続けている。

 

陸上には約90隻分の艇置スペースを有している。マリンレジャーのさかんな三河湾において、釣り、ウェイクボード、クルージング、ヨットレースなど、さまざまな遊びを楽しむ人たちの休日の拠点になっている。

 

上下架設備は、50トンの自走式クレーン(トラベリフト)を備えている。大型艇の上架整備の際にも安心だ。

 

サービスヤードも備えており、愛艇のメンテナンスや修理、艤装などを任せられる環境が整っている。メンテナンス技術は国内でもトップクラスとの呼び声が高い。愛艇のコンディションを保ち、トラブルを未然に防ぐサービスも提案している。

 

メンバー専用の設備も充実している。クラブハウス2階にあるオーナーズルームは、アンティーク家具でまとめられており、まるで海外の老舗ヨットクラブのような雰囲気が漂っている。

 

シャワーはもちろんのこと、メンバー専用のリフレッシュルームもあって、サウナやジャグジーも備わっている。海から帰ってきたあとに疲れを癒やすもよし、休日を過ごすマリンリゾートとして申し分のない設備がそろう。

 

さらに(!)、メンバー専用の宿泊施設(ロッジ)まである。愛艇で船中泊もいいが、清潔感あふれる快適な空間でゆったりと過ごすのも悪くない。船に不慣れなゲストを招いたときなどには、きっと喜ばれるはずだ。

 

マリーナの敷地内は緑にあふれており、こんなバーベキューコーナーもある。右奥に見えるのはピザ窯。休日ともなれば、メンバーたちの笑顔があふれる憩いの場となっている。

 

昨年秋には、マリンショップ「Snail(スネイル)」がオープン。ヘリーハンセンやギル、ジブ、ブロンド、ミストラルといったマリンアパレルを中心に、ロープやフェンダーといった艤装品、釣り用のタックルなど、さまざまな製品を実際に手に取って眺めることが可能。中部地区では、ここでしか取り扱いのないブランドも多く、ぜひ一度立ち寄ってみていただきたい。

 

マリーナ内には、本格的な地中海料理が楽しめるレストラン「ブルーモーメント」もある。ガラス越しに広がる愛艇と海を眺めながら、ぜいたくなひとときが過ごせるに違いない。ここはマリーナ利用者のみならず、地元の人たちにも人気の店となっていて、休日はもちろん、平日のランチタイムも、いつもにぎわっている。

 

三河みとマリーナでは、ボート免許教室やレンタルボートといったソフト面のサービスも充実している。レンタルは、マリーナ独自の「三河みとレンタルボートクラブ」と「ヤマハマリンクラブ・シースタイル」の2つのサービスを提供。これからマリンレジャーをやってみたいという方に対して、エントランスとなるような役割も果たしている。

 

ISPAのヨットスクールも開講している。受講したあとにもらえるサーティフィケートがあれば、世界の海でチャーターヨットを楽しむことも可能。また、卒業生であれば、マリーナのレンタルボートクラブで、レンタルヨットの利用ができるのもうれしい。

ほかにも、海遊びが体験できるイベントを催したり、ビギナーを長期サポートする体制も用意している。海遊びの総合発信基地として、目が離せないマリーナだ。

 

(文=舵オンライン編集部)

 


【主なデータ】
アクセス:(車)東名高速道路 豊川ICから約15km、音羽蒲郡ICから約9km、(電車)JR豊橋駅からタクシーで約30分、JR東海道本線 愛知御津駅からタクシーで約10分
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日
収容艇数:海上係留約150隻(工事完了後)、陸上保管約90隻
主な設備:トラベリフト(50トン)、サービスヤード、給油所、給水・給電施設、オーナーズルーム、リフレッシュルーム、ロッジ、バーベキューコーナーほか 

〒441-0314 愛知県豊川市御津町御幸浜1-1-21
TEL: 0533-76-3100
http://mikawamito-marina.com/


関連タグ

マリーナ

マリーナ の記事をもっと読む