loading spinner

カヌー
フリースタイル愛好家に朗報!/九頭竜川の新しい試み

2020.12.10

北陸地方屈指の大河川、九頭竜川。福井県のシンボル的存在でもあるこの九頭竜川で現在、あるプロジェクトが進行しているのをご存じだろうか。
それは、官民が一体になって九頭竜川にフリースタイルカヤックの練習・競技エリアを作り、カヤックを通じて地域を盛り上げようという「九頭竜川からメダリストを!(カヤック競技ができる川に)」プロジェクト。近年、カヤックやカヌーによって町おこしを行う自治体は少なくないけれど、フリースタイルのエリアを作って競技カヤックをできるようにする、という試みはあまり聞いたことがない。しかも、問い合わせたところ、「同エリアは一般のフリースタイル愛好家にも広く“無償”で開放される予定」というのだ。

 


このプロジェクトは、官民で作る「九頭竜川かわとまち協議会」が主体となり、福井の未来をかなえるクラウドファンディング『ミラカナ』(福井新聞社、福井銀行、レディーフォーによるクラウドファンディングサービス)によって、今年の11月25日より工事費の一部150万円の募集を開始。なんと翌日には早々に目標額を達成し、現在はネクストゴールの300万円を目標に2021年2月23日まで支援を募集している。 

 


左が九頭竜川本流、右が市荒川発電所の放流水路、白く波立っているところがフリースタイルカヤックの好ポイント。 

 

フリースタイルの練習・競技エリアとして予定しているのは、九頭竜川本流と市荒川発電所からの放流水路が交わるエリア。福井県・永平寺町にある同発電所が放流している放流水は毎秒80トン。これだけの量の水が通年流れているところは全国でも稀で、さらに競技にふさわしい激流が生じるよう、このポイントの水の中にコンクリートブロックを設置する工事を行うとのこと。
工事は、発電所からの放流が止まる12月14日~17日の4日間。事前に、福井工業高等専門学校の協力によって実験装置に模型ブロックを配置した激流発生シミュレーションを行うなどし、入念な計画をもとに行われる。また、「魚の遡上や鮎釣りなどに悪影響を与えないようにすることも非常に重要」な課題となっていて、地元の関係者と何度も打合せをしながら細心の注意を払って計画が実行されるという。 

 


福井県・永平寺町在住の松永和也選手によるカヤック体験教室の様子。松永選手は、2018年カヌーフリースタイル日本選手権大会 男子 K-1 優勝、同年ワールドカップバルセロナ大会4位、2019年カヌーフリースタイル日本選手権大会 男子 K-1 優勝、2019年カヌーフリースタイル世界選手権出場など、輝かしい実績を誇るトップアスリートだ。 

 

このプロジェクトが立ち上がったきっかけは、永平寺町在住のフリースタイル競技のトップ選手、松永和也さんの存在も大きい。地元にトップアスリートがいて、通年激流を生む川があって、競技人口が少ない――。松永選手の「ここで練習や競技ができるようになれば、世界大会開催も可能」という言葉を受け、民間・行政の有志が「九頭竜川でカヤックができるようにしよう」「永平寺町からメダリストを出そう」という話で盛り上がり、協議会を設立して今回のプロジェクトがスタート。 また、フリースタイルカヤックができるようになるまでの間は、永平寺町での「カヤック熱」をジワジワ上げて行こうと、松永選手を講師に迎えたカヤック体験教室なども、これまで3回開催されてきた。 

 


赤く着色してある部分が、今回、水中にブロックを配置する場所。魚の遡上などにも悪影響を及ぼさないように、プロジェクトは環境面にも最大限配慮したものとなっている。

 

 
フリースタイルカヤックをメインとするエリア 、「市荒川エリア」。イラストのように、DJブースや水中照明、キャンプサイト、グリル・バーなども検討しているそうだ。 

 

とりあえず、12月に予定されている工事後は同エリア(「市荒川エリア」)が使用可能になるほか、将来的には観戦エリアにDJブースや水中照明を加えるなど、エンターテインメント性を高めるアイデアも検討されている。また、下流の流れが静かな「鳴鹿エリア」はカヤック体験や初級者練習にうってつけで、堤防上にはトイレや休憩施設、さらにはカフェ・レストラン、照明や音楽も加え、保護者から観光客まで楽しめるエリアにしていく予定となっている。

地域の活性化はもちろんのこと、将来、同地区から国際大会で活躍するカヤッカーが登場する可能性を秘めた、この夢のあるプロジェクト、ぜひ成功することを願いたい。なお、支援希望の方や興味のある方は下記を参照のこと。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓  ↓  
■九頭竜川からメダリストを!(カヤック競技ができる川に)

 

(文=CANOE WORLD編集部/星野 淳 写真=九頭竜川かわとまち協議会)


関連タグ

カヌー

カヌー の記事をもっと読む