loading spinner

開幕! ジャパン インターナショナル ボートショー 2021

2021.04.15

「ジャパン インターナショナル ボートショー 2021」が今日4月15日(木)から、横浜ベイサイドマリーナを舞台にスタート。昨年は中止を余儀なくされただけに、例年以上に熱の入った展示がとにかく目立つ。国内外の最新艇や関連用品が一堂に会する会場は、心地よい晴天に恵まれた。

期間は4月18日(日)まで。また、今回はバーチャルボートショーも併催している。

ここでは海上展示艇を中心に、写真で紹介していこう。

 

桟橋にぎっしりと展示艇が並ぶ。"インターナショナル"の名に恥じぬラインアップ

 

手前から、マリンX40、ヤンマーEX38-FB、同EX34-HT

 

プリンセスF45(手前)を筆頭に、ラグジュアリーボートがズラリ

 

アメリカンスポーツフィッシャーの旗手、ハトラスGT70

 

リビエラ5400スポーツヨット

 

イタリアの人気ビルダーが送る、アブソリュート52(手前)

 

憧れのアクアリーバ33

 

クランキは、T43トローラー(手前)のほか、E56Fのバージョン違いを2艇出展

 

セールボートでおなじみ、バヴァリアヨットのR40

 

クルージングカタマランのトレンドセッター、ラグーン社の46

 

注目の1号艇がお目見え。エクセス11

 

ジャノー・サンオデッセイ490

 

カタマラン並みの居住性を誇る注目モデル、ムーディーDS41

 

右からデュフォー430、デヘラー34

 

ナウターズ・スワン48

 

フォイリングを手軽に実現できる注目のディンギー、UFO

 

ヤマハのニューモデル、AX220は陸上に展示

 

陸上の展示会場「マリンマーケットプレイス」にも、さまざまな出展が並ぶ。こちら、リガーマリンエンジニアリングのブース

 

展示内容については、公式ウェブサイトをぜひチェックいただきたい。
18日(日)まで、横浜ベイサイドマリーナで開催されている(バーチャルボートショーは4月末まで開催)。

 

(文・写真=舵社/安藤 健)

 

●ジャパン インターナショナル ボートショー 2021
https://www.marine-jbia.or.jp/boatshow2021/

 


あわせて読みたい!

●「ジャパンインターナショナルボートショー2021の見どころ」記事はコチラ

●「白石康次郎さんも登場! バーチャルボートショーの海ゼミ」記事はコチラ

●「出航から5日目|辛坊治郎さんの太平洋横断」記事はコチラ

 


トピックス

トピックス の記事をもっと読む