loading spinner

ヨット
海ガール 矢口あやは さん/タッキングに挑戦(1)

2021.01.24

江の島の小田急ヨットクラブには、秘伝&最強のタッキングメソッドがある……。

その噂を聞きつけ、雨ガール、じゃなくて海ガールの矢口あやはさんが、タッキングの完全習得に挑みます。

 

2日間で、「どんな初心者でもタッキングをマスターできる」といわれる秘儀。

そのスクールの初日はもちろん大雨。

江の島沖で練習するのは、あやはさんのほかは、東京五輪セーリング競技代表選手たち、ナショナルチームの皆さんだけです。

天候はともかく(笑)、まずはその秘伝のタッキングメソッド、陸上シミュレーション版を見ていきましょう!

まじで目からうろこですよ!

 

小田急ヨットクラブのタッキングメソッド! 門外不出の保存版。その行程は七つに分けられます

 

(1)ティラーを押す

タッキング開始。風上に座り、ティラーを押す。姿勢は基本姿勢。視線は常に船首と風位へ

 

(2)乗艇位置を後方に下げる

移動に備えて、乗艇位置を後方にずらす。めやすは腰ひとつ分。同時にフットベルトを外す 

 

 

(3)エクステンションを持つ位置を短くする

エクステンションを短く持つ。位置は中央くらい。単純な動作だが、これひとつでその後の取り回しが楽になる

 

(4)ブームをくぐって、立ち上がる

艇が旋回しブームが移動。ブームが完全に頭上を通過するまで待つ。途中で立ち上がらない

 

 

(5)ティラーを戻し、足を踏み出す

反対舷に座ることを考慮し、スターン側の足を大きく前に踏み出し、立ち上がる。視線は常に風位へ

 

(6)メインシートを持ち替える

後ろ手に持ったエクステンションとメインシートを持ち替える。体をひねり、メインシートを持つ手でおしりを触る感じで

 

 

(7)反対舷に座りフォームを整える

(7-1)落ち着いて座る

後ろ手にエクステンションとシートを両方持った状態で、反対舷に座る。空いている手で体を支えてもいい

 

(7-2)まず、操船に集中

座った直後は、なによりも先に操船に集中、前を見る。進行方向、風位に対する角度を修正し合わせる 

 

 

(7)反対舷に座りフォームを整える

(7-3)メインシートを引く

針路が定まったら、適正な分量メインシートを引き、トリム開始。フットベルトに足を通し、ハイクアウト開始

(7-4)エクステンションを返す

後ろ手で持っていたエクステンションを体の前に回し、持ち直す。これでシートトリムが楽になる。これでタッキング完了 

 

 

陸上シミュレーションを行ったあとは大雨の海上へ……。まずはリーチ・トゥー・リーチのタッキングを練習

 

 

雨なので江の島沖、誰もいません(笑)。風も落ちたのでナショナルチームも帰ってしまった

 

 

矢口あやはさん、雨の中でも楽しくタッキングを練習しましたよ。次回は2日目、海上でのクローズホールドでのタッキングを練習します!

 

 

おまけ

エクステンションの返し方

サイドで持ったエクステンションをアップハンドに持ち直す。改めて説明しろといわれても意外と難しいこの動作。小田急ヨットクラブでは、この動作にもきちんとメソッドがあるのです。

(1)順手でつかんだ手を、人さし指と親指で持ち直す

(2)中指を伸ばし、親指を外す。Vサインで挟んで持つ

(3)ひじを固定し、そのまま回転。脇の内側から回さない。体の前で回す 

 

あやはさんのタッキング動画はコチラ
↓↓↓

 

取材協力:小田急ヨットクラブ

http://www.odakyu-yc.com/ 

 

 (文=Kazi編集部/中村剛司 写真=舵社/山岸重彦、中村剛司)

※本記事は月刊『Kazi』2021年1月号にも掲載。バックナンバーおよび電子版をぜひ

 


矢口あやは

Kazi誌にて連載「矢口あやは、海ガールはじめました!」執筆中。6月14日、大阪生まれ。ライター、ときどきイラストレーター。旅行誌やカルチャー誌を中心に、グルメ、歴史、美容などのジャンルで活動。生物が好きで2014年に狩猟免許を取得。夢はヨットで世界一周。

ブログ: https://ayaha-yaguchi.amebaownd.com/

インスタグラム: https://www.instagram.com/ayaha614/

note : https://note.com/sakusaku_ok 


ヨット

ヨット の記事をもっと読む