loading spinner

カヌー
「冒険塾2020」12月東京・大阪にて/受講生募集中!

2020.11.19

コロナ禍によって、今年はさまざまなイベントが中止になったり、オンライン開催への変更を余儀なくされていますが、来月12月、モンベル主催の「冒険塾2020」が“リアル開催”されます。
この冒険塾とは、「冒険を目指すチャレンジャーを応援する」という趣旨のもと、モンベルが2012年から行っているプログラム。
ちなみに初年度の2012年は、海洋ジャーナリストの内田正洋さんが、シーカヤックにて自力で無人島から有人島へ帰還するプログラムを実践したり、カヌーイストの野田知佑さんが徳島県の河原で川の遊び方を指南したり、冒険家の風間深志さんが小淵沢で南極&極地冒険の基礎体験講座を開いたりなどなど、実際にフィールドに出向いて行うスタイルのプログラムでした(4月から8月までに7プログラムが行われ、参加者は全プログラム受講が原則)。
そして、その翌年からは「座学」スタイルに形を変え、毎年各ジャンルのスペシャリストを講師に招いて東京会場と大阪会場で開催、現在に至ります。

 


カヤッカーにはおなじみの冒険家、関野吉晴さんも「冒険塾2020」の講師陣の一人。

 

この「冒険塾」が、今年は来月12/5・土(東京)、12/12・土(大阪)の日程で行われることになっておりまして、現在受講生募集しています。

講師陣は、グレートジャーニープロジェクトでカヤッカーにもおなじみの関野吉晴さん(探検家・医師)/東京会場、山極壽一さん(霊長類学者・人類学者)/大阪会場、関口裕樹さん(冒険家)/両会場、辰野 勇さん(塾長・冒険家)/両会場。

 


どの講師の方の講演も、それぞれおもしろそうでしょう?
上に掲載した講師の関口裕樹さんは、近年はおもに極地を舞台に冒険を続けていて、2017年からは厳冬期極北カナダを舞台に、数年に及ぶ壮大な冒険計画「厳冬期カナダ人力縦断」に取り組んでいる冒険家です(2020年度の「第10回モンベル・チャレンジ・アワード」も受賞)。

興味のある方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
詳細は下記を参照してくださいね。

 


 
■冒険塾2020

【日程】
●東京会場(モンベル品川店)
・日時:12月5日(土) 13:00~17:30(12:00~開場・受付)
・定員:先着150名

●大阪会場(モンベル本社)
・日時:12月12日(土) 13:00~17:30(12:00~開場・受付)
・定員:先着150名

【講師】
・関野吉晴(探検家・医師)/東京会場 山極壽一(霊長類学者・人類学者)/大阪会場 関口裕樹(冒険家)/両会場 辰野 勇(塾長・冒険家)/両会場 

【受講料】
・モンベルクラブ会員、『岳人』年間購読者:3,000円
・一般:3,500円
※支払いは受講当日、受付にて(現金のみ)。

【申し込み方法】
下記の申込みフォームから
↓ ↓ ↓ ↓
「冒険塾」申し込みフォーム

※募集は定員になり次第終了となります。

(問い合わせ)
モンベル 広報部 「冒険塾」受付事務局
メール:bokenjuku@montbell.com
TEL:06-6531-5524

 

(文=CANOE WORLD編集部/星野 淳 写真=モンベル)  


カヌー

カヌー の記事をもっと読む