loading spinner

ヨットレース
白石康次郎、いざ出陣!/ヴァンデ・グローブ11/8開幕

2020.11.07

いよいよ11月8日(日)13:02(日本時間は同日21:02)、最も過酷なヨットレースとも称される、単独無寄港無補給世界一周ヨットレース「ヴァンデ・グローブ2020-2021」がスタートする。なお、新型コロナウイルス感染症の影響によりフランス全土でロックダウン(都市封鎖)が実施され、レースは無観客でスタートする予定だ。

アジア人として唯一出場する白石康次郎DMG MORIセーリングチーム)にとって、これは前回大会(2016-2017)に続いて2度目の挑戦である。ヴァンデ・グローブは、完走率が62%と厳しいレースだ(下記の大会データ参照)。白石も前回大会のスタート後、約1カ月でディスマストし、リタイアを決断した。今大会は「必ず完走する」と、常々その決意を語っている。

 

【大会データ】

 

ヴァンデ・グローブは回を重ねるごとに、レース艇のIMOCA60(イモカ60)は進化を続け、大会レコードは毎回更新される。今大会、白石は念願の新艇建造を叶え、〈DMG MORI GLobal One〉を手に入れた。自身はオンラインで参加した壮行会の場で、「100%というわけではないが、フネの仕上がりはいい」と話した白石。いい走りが期待できそうだ。

 


新艇を建造したセーラーの中では最年少の30歳、セバスティアン・シモンの〈ARKEA PAPREC
〉。白石の〈DMG MORI GLobal One〉とは、横に突き出たダガーフォイルの形状に大きな違いがある

 

参加するのは、大会史上最多の33人(男性27人、女性6人)。最年少は27歳、最年長は61歳だ。白石は、新艇で挑むセーラーとしては最年長の53歳。フォイルありが19艇、フォイルなしが14艇となっている。最も古い艇の進水は1999年7月(ピップ・ヘアーの〈Medallia〉)。一方、最も新しい艇は今年5月に進水したばかりの、ニコラ・トルセルの〈CORUM L'EPARGNE〉。ヴァンデ・グローブはレーティングレースではないため、艇の新旧、フォイルの有無は関係なく、最も早くフィニッシュしたセーラーが優勝となる。

 

また、11月8日13:55より、白石の挑戦の歴史やレースの見所を紹介する特番が放送される。番組を見て、白石を日本から応援しよう!

DMG MORI presents ヨットだけで世界一周 ひとりぼっちの大冒険
白石康次郎 世界最高峰レース ヴァンデ・グローブ2020出航直前SP
■放送日時:11月8日(日)13:55〜15:20(全国ネット/生放送)
番組サイト

(文=Kazi編集部/森口史奈 写真=矢部洋一)


ヨットレース

ヨットレース の記事をもっと読む