loading spinner

グッズ
パターンオーダーが可能/「シーデック」のデッキマット

2020.12.29

[PR]

マリン用品の製造・販売を幅広く手がけているリガーマリンエンジニアリング。2019年から、日本初の認定加工業者として、米国ハイパーフォーム社のEVAデッキマット「SeaDek(シーデック)」の加工と販売を行っている。

 

このシーデックは、水を吸収しないUV耐性のあるクローズドセル(独立気泡)PE/EVAフォームで作られており、アクリル系感圧接着剤などでボート各部に貼って使用する。濡れても滑りにくく、クッション性が高いため体への負担が軽減される。

 

そして大きな特徴が、そのデザイン性。異なるカラーのマットを重ねることで、ロゴや船名、イラストなどを施すことも自由自在。これらの加工は、リガーマリンが認定加工業者として米国で研修を受け、定める基準を満たしたからこそ行えるものだ。

 

東京湾のシーバスプロガイド「Glory Fishing」 の世良勇樹さん。シーデックユーザーの一人 ↑↑

 

こういったデッキマットはほかにもあるが、これまで多く普及してきたとは言えないだろう。その理由の一つとして、ユーザー側が「設置には一体いくらかかるのか、見当もつかない」という思いがあったからではないだろうか。そんな方は、ぜひ一度リガーマリンのシーデック特設ページをご覧になっていただきたい。施工例と基本料金が図面入りで掲載されている。以下に、ヤマハYFR-24の場合の例を抜粋した。

商品名 エリア 基本RP定価(税別) OPRP定価(税別)
YFR-24 SeaDek アフトデッキのみ(青) ¥245,000 ¥306,250
YFR-24 SeaDek デッキ全体(青+ピンク) ¥420,000 ¥525,000
YFR-24 SeaDek スイムプラットフォームのみ(緑) ¥70,000 ¥87,500
YFR-24 SeaDek フルセット(青+ピンク+緑+黄) ¥660,000 ¥825,000

※基本RPは基本ルーティングパターンでピンライン加工、OPRPはオプションルーティングパターンで4インチチークなどの加工
※オプションなど設置した部品などがある場合は、該当箇所の型取りが必要
※ご注文後に、カラー、付属品の有無、デザインなどを打ち合わせしての製作
※上記は商品代金のみで、施工料や特殊なデザインの場合の手数料などは別途

●シーデック特設サイトはコチラ↓↓
https://www.regar.co.jp/seadek/

 

この事例はYFR-24の場合であるが、ヤマハ、ヤンマーなどの主な艇種に関しては、図面がホームページ上に用意されている。もちろん、それ以外の艇種も対応可能。実際に型取りの必要があるかどうかは、問い合わせてほしいとのこと。ここにお見せしたのはあくまで基本例であり、オーナーの趣向に合わせてカスタマイズすることも可能だ。
デッキの色もカスタマイズする時代へ──シーデックを施工することで、自分だけのオンリーワンのボートが完成すること間違いなしだ。

 

(文=舵オンライン編集部 写真提供=リガーマリンエンジニアリング)

 

(問い合わせ)
リガーマリンエンジニアリング
TEL: 0594-87-0200

https://www.regar.co.jp/

 


グッズ

グッズ の記事をもっと読む