8/5発売、月刊『Kazi』9月号/特集は「ヨットレースを楽しんで勝つ!」

2022.08.03

ヨット・モーターボートの専門月刊誌『Kazi』。8月5日発売のKazi9月号、表紙は、伊根の舟屋の前をベイレーダー17で帆走する、側田良孝さんと海ガールの矢口あやはさん 

 

特集(1)「コソ練で上位30%を目指そう ヨットレースを楽しんで勝つ!」 
「勝っても負けても楽しいもの、それがヨットレース」、なんていいますが、実際のところは後ろを走るよりは前を走ったほうが楽しいに決まっている。レースに出たことがない人も、初心者から中級者チームも、優勝は無理でも、せめて上位30%、ちょっとは前を走りたい。前を走れば見える世界も違ってくるし、レース後の一杯も絶対うまくなる。そんな秘密の方法論をプロセーラーの本吉夏樹さんに聞きました。
このヨットレースの基礎の基礎は、初級セーラーだけでなく、中級上級セーラーも、あらためて復習してほしい知見がいっぱいです。目からうろこのレースハウツー。今夏はレースを楽しんでみよう♪ 

 

◆特集(2)「〈MILAI〉、グローブ40第1レグを制する」 
9カ月、30,000マイルにおよぶ、世界一周ヨットレース「グローブ40」。クラス40を用いた新しいダブルハンドヨットレースがついにスタート。 チーム〈MILAI〉は、鈴木晶友/中川紘司のコンビで第1レグに挑み、トップフィニッシュという順調な滑り出しを見せた。 

 

武田真治が挑む 津軽海峡、丸木舟縦断譚 
俳優の武田真治さんが、丸木舟による津軽海峡縦断に挑んだ。この挑戦をサポートするのは、スピリット・オブ・セイラーズの山本 海さん。縄文遺跡から出土した丸木舟の復元船によって、壮大な実証実験がスタートした! 

 

YouTuberささこ 目指せ、ヨットで日本一周!(前編) 
3人組YouTuber、ささこの正体を探るべく、取材班は福岡県へ向かう。そこにいたのは、なんとも可愛らしい3人の現役大学生たち。キールボートはビギナーだけれど、いつか日本一周したいという思いを胸に、まずはヨットをお勉強! その前編をお届けする 

 

シンドバットたちが駆け抜ける 座間味の夏、復活 
第45回座間味ヨットレース
沖縄本島から慶良間諸島を目指すゴキゲンなイベント。それが、ケラマブルーの海を走る座間味ヨットレース。 銀色に輝く美しきシンドバット杯を巡って、今年も南洋大好きなセーラーが、沖縄の海を走りました!

 

海ガール連載「クラシカルディンギーで伊根の舟屋を走ってみた!(後編)」 
海ガール連載でおなじみの矢口あやはさんは、『Kazi』2022年8月号に引き続き、京都北部の秘境、伊根へ。クラシカルディンギーで伊根湾を巡ります。 

 

ニューモデル艇紹介は「バリ4.2」(写真)、「ガレオン400FLY」。 

バリ4.2のセーリング動画&解説動画はコチラ↑

 

ガレオン400FLYの走行動画&解説動画はコチラ↑ 

 

月刊『Kazi』9月号、ぜひご一読ください。 

 

月刊『Kazi』9月号
●サイズ:297×210mm(A4判)
●ページ数:176ページ
●価格1,200円
●発行:舵社詳細およびご購入はコチラから

 

(文=Kazi編集部) 

 


あわせて読みたい!

●志摩ヨットハーバー|極上の自然環境の中で特別なハーバーライフを

●金井さんの不思議な2本マストカタマランディンギー

●グローバルチームレースに日本チームが出場

 


マガジン

マガジン の記事をもっと読む